Skip to main content
<< フィリピン掲示板

フィリピン人のネガティブな特徴を暴く:私たちが取り組むべきこと

ARE FILIPINOS TOO LAID BACK? / The Philosophy of Bahala Na
Table of contents

コロニアル精神

フィリピンは、素晴らしい景観、豊かな文化、温かいもてなしを誇る美しい国である。観光客は間違いなく、フィリピンの人々の優しさと寛大さに触れることだろう。しかし、フィリピンの国民性を悩ませている微妙だが有害な特徴のひとつに、植民地精神がある。このブログでは、この問題をより深く掘り下げ、それが人々や社会にどのような影響を及ぼしているのかを考えてみたい。

植民地支配とは何か

まず、植民地支配とは何かを定義しよう。それは、しばしば自国の文化を犠牲にして、外国の文化を模倣したり、好んだりする考え方や行動のことである。この特質は、フィリピンがスペイン、アメリカ、日本の支配下にあった植民地時代の過去にルーツがある。フィリピン人は外国の文化や言語に適応することを余儀なくされ、自分たちのアイデンティティや能力に自信を持てなくなった。

植民地意識はどのように現れるか

植民地精神は様々な形で現れる。その一例が、たとえ現地の代替品が同等かそれ以上であったとしても、外国の製品やブランドを好むことである。このような行動は、外国製品は品質が高く、地元製品は劣っているという思い込みから生じる。もうひとつの例は、美や成功を連想させるような、色白の肌や尖った鼻といった外国人の容姿や特徴に執着することである。このような行動は、西洋の美の基準に適合しない人々に対する差別や偏見につながる。

有害な影響

植民地精神は経済や社会に悪影響を及ぼす。外国製品が好まれ、外国人の方が優れているという思い込みがあるため、地元の起業家や企業は競争に苦戦し、経済の停滞につながる。さらに、植民地的な考え方は、フィリピン人が卓越性を追求することをやめ、二番煎じに甘んじるような平凡さと自己満足の文化を育む。このような態度は、ひいては国の進歩や発展に影響を及ぼす。

根絶するには

植民地的なメンタリティを根絶するには、国民としてのアイデンティティとプライドを高めるしかない。政府と民間部門は、地元の特質や長所を強調しながら、地元の製品やビジネスの促進に投資しなければならない。教育制度もまた、国の豊かな歴史と文化を強調し、若い世代に誇りと感謝の感覚を植え付けなければならない。さらに、フィリピン人は、外国人の方が常に優れているという考えを否定し、自分たちの美しさ、文化、功績を称えなければならない。

Colonial Mentality [A Documentary]
Worst Filipino Trait-Colonial Mentality | Asians Think West Is Superior? | Confessions Of A Filipina

フィリピンの時間

フィリピン人は時間にルーズなことで知られている。一般的に「フィリピン時間」として知られるこの特徴は、この国の文化に深く根付いており、地元の人々にとっても観光客にとっても、しばしばフラストレーションの原因となっている。無害な癖のように思えるかもしれないが、現実にはフィリピン時間の悪影響は、特に観光業界にとって広範囲に及ぶ可能性がある。このブログでは、このフィリピン時間がもたらす影響と、その対策についてご紹介します。

現地の生活と仕事への影響

フィリピン時間の悪影響は、フィリピン人の生活に大きな影響を与えます。例えば、仕事の場での遅刻は、生産性の低下や同僚や顧客との関係の緊張を招きかねない。また、遅刻を容認することで、責任感の欠如や時間厳守の重要性に対する一般的な軽視につながる可能性がある。このような態度は、遅刻の連鎖をさらに永続化させ、全体的な生産性と経済的進歩の低下につながります。

フィリピン時間の利点

フィリピン時間の弊害にイライラすることもありますが、良い面もあります。フィリピン人は急がず、旅を楽しみ、時間をかけ、その瞬間を味わう。時間内に仕事を終わらせることよりも、人間関係やつながりを築くことに関心がある。この特徴は、フィリピンの美しい景色を楽しみながら、のんびりとした環境に身を置きたいと考えている観光客にとって有利に働くでしょう。

フィリピン時間との付き合い方

フィリピン時間に対処する際には、常にバックアッププランを用意しておくのがベストです。前述したように、時間に余裕を持って到着し、遅れる可能性を考慮しておく方がよいでしょう。また、旅行者は誤解を避けるために、フィリピン人とはっきりと直接コミュニケーションを取るべきです。忍耐と理解を維持することは、フィリピン時間に対処する際に大きな違いをもたらします。

THE THEORY OF FILIPINO TIME | Confidently Claire

カニのメンタリティ

フィリピンは、その美しいビーチ、フレンドリーな地元の人々、活気ある文化から、長い間観光客の楽園と考えられてきました。しかし、この国の陽気な表情の裏には、多くのフィリピン人が悩むネガティブな特徴、"蟹メンタル "が潜んでいる。この特性は、他人を成功に導く代わりに引きずり下ろそうとする欲求のことで、国の進歩の遅れや国民統合の欠如の原因とされてきた。旅行者として、このネガティブな特徴を理解することは、現地の文化をナビゲートし、その犠牲にならないようにするために重要である。

蟹メンタルとは

カニメンタリティとは、フィリピン人が嫉妬や不安から、互いの成功を妨げたり、妨害したりする傾向のことである。バケツの中のカニが互いに足を引っ張り合うことで外に出ようとするように、フィリピン人はうまくいっている人を落胆させたり、批判したり、批判したりすることで、彼らが他の人より上に行くのを妨げることがある。この性質は職場だけでなく、社交界や家族関係にも蔓延している。噂話をしたり、嘘の噂を流したり、他人の功績を軽んじたり、消極的な態度をとったりと、さまざまな形で現れます。

蟹メンタルになる理由

フィリピン文化に蟹メンタルが存在する理由はいくつかある。ひとつは、フィリピンの植民地時代の過去で、支配者層が権力を維持するために分裂戦術の恩恵を受けていたこと。もうひとつは、貧困と機会不足が蔓延し、成功がゼロサムゲームであるかのような希少性メンタリティを生み出していることだ。さらに、一部の有名人がその才能のおかげで名声と富を手に入れたことも、成功者は幸運に恵まれたとか、近道を使って地位を手に入れたと考える人々を生み出した。

カニメンタリティの影響

フィリピンにおけるカニメンタリティの影響は甚大である。不信と競争の文化を生み出し、人々は自分が不利になることを恐れて、助け合ったり協力したりすることをためらう。このようなメンタリティは経済成長の鈍化を招き、団結して物事を成し遂げることが難しくなるため、社会の進歩を妨げる。また、フィリピンに対するネガティブなイメージを助長し、海外での評判を落とし、海外からの投資を妨げることにもなる。

カニメンタリティの克服

カニメンタリティを克服するのは簡単なことではない。考え方や行動を変える必要があり、時間と労力がかかるかもしれない。まず、このネガティブな特性について人々に教え、それが引き起こす潜在的な害悪を認識させることから始めるのがひとつの方法である。協調性、謙虚さ、積極性といったポジティブな性質を奨励することは、団結力を育み、人間関係の緊張を防ぐのに役立つ。協力の文化を創造することで、フィリピンの人々は協力して目標を達成し、フィリピンを繁栄させることができる。

Crab Mentality: Why Do Filipinos Do This? It Needs to Change - May 21, 2021 | Vlog #1215

ニンガス・コゴン

旅の魅力のひとつは、訪れた国の習慣や生活様式を知ることだ。フィリピンには「ニンガス・コゴン」と呼ばれる文化現象がある。フィリピンの人々はこの特徴を認識しているが、観光客に説明するのは必ずしも容易ではない。このブログでは、「ニンガス・コゴン」について、その弊害や、現地の文化にどのように現れているのかを掘り下げていきます。

ニンガス・コゴンとは

ニンガス・コゴンとは、熱意を持って始めたものの、方向性や規律、集中力の欠如が原因で、長期にわたってそれを維持できない傾向のことである。この性質は、個人的な目標や仕事上の目標から、地域社会や国家的な目標に至るまで、人生のさまざまな領域で見られる。例えば、ある人がダイエットに強い意志を持ち、新しい食事療法や運動習慣を始めたとしても、結局は数週間から数ヶ月で諦めてしまう。あるいは、ある企業が新しいマーケティング戦略を打ち出し、大々的に宣伝したが、すぐに結果が出なかったため、途中で断念することもある。

なぜネガティブなのか

ニンガス・コゴンは進歩や成長を妨げるので、ネガティブな性質である。長期的な利益よりも短期的な利益が優先される、平凡な文化が培われる。フィリピン人はよく「フィリピン時間」について冗談を言いますが、これは遅刻や約束の会議時間を過ぎて到着することを意味します。この習慣は、単に時間を守らないだけでなく、他人の時間や約束を尊重しないことを露呈している。ニンガス・コゴンは、統治やリーダーシップにも広く見られる。当選した役人は、選挙運動中に抜本的な改革や変化を約束しても、政権に就くとそれを実現できない。さらに、純粋に自分たちの生活や国に前向きな変化が起こることを望んでいる人々の間に不満や失望を引き起こす。

ルーツ

ニンガス・コゴンのルーツは、他の文化的特質と同様、複雑である。フィリピンの植民地支配、貧困、ひいき政治の歴史が、長期的な計画や開発への投資よりも目先の必要を優先する「サバイバル精神」を育んだと指摘する学者もいる。また、ニンガス・コゴンは人間の自然な傾向であり、文化的背景によって現れ方が異なると主張する人もいる。その起源にかかわらず、ニンガス・コゴンはフィリピン人自身が克服したいと願う、広く浸透した特徴である。

克服する方法

フィリピン人はニンガス・コゴンに対して全く無力なわけではない。多くの人がその悪影響を認識し、対策に乗り出している。そのひとつが、問題解決における臨機応変さや創造性を意味する「ディスカルテ」の価値である。フィリピン人は目標を達成するために限られた資源を活用する能力で知られている。もうひとつの価値観は「bayanihan(バヤニハン)」で、これは共同体精神や共通の目的を達成するためのチームワークを意味する。協力し合うことで、フィリピン人は共通の目標に向かって努力を継続することができ、モチベーションを失わないように周囲を励ますことができる。最後に、「現実的な理想主義」の文化は、壮大な願望とその達成に向けた具体的なステップのバランスをとることの重要性を強調している。達成可能な目標を設定し、小さな成功を積み重ねることで、フィリピン人はニンガス・コーゴンで終わるのではなく、忍耐の文化を築くことができる。

BRIEF EXPLANATION | NINGAS-COGON

マナナの習慣

旅行者として新しい国を訪れると、可能性の世界が広がります。今まで経験したことのないような異なる文化、伝統、習慣、だからこそ旅は価値ある冒険なのだ。しかし、ユニークな目的地にはそれぞれ特有の特徴や習慣がある。フィリピンでは、「マナナ」(先延ばし)と呼ばれる習慣がそのひとつだ。一見無害に見えても、旅行やフィリピン人そのものに悪影響を及ぼす可能性がある。そこで、このブログでは、このネガティブな習慣について深く掘り下げ、それを避けるためにどのような行動を取ればよいかをご紹介します。

マナナ癖とは

急ぎの仕事であっても、つい先延ばしにしてしまう癖のことです。例えば、フィリピン人が "now na "と言った場合、"now "は「今すぐ」という意味です。後でという意味もあれば、明日という意味もある。観光客として、直前のツアーの予約やフライトの詳細の確認など、すぐに何かをしなければならない場合、これはイライラさせるかもしれません。緊急性や時間感覚の欠如が、しばしばミスコミュニケーションや誤解につながる可能性があります。

なぜネガティブな特徴なのか

マナナはフィリピンでは一般的ですが、ネガティブな結果をもたらすこともあります。最も一般的な結果の1つは、遅延や後退のドミノ効果を生み出す可能性があることです。この習慣は、生産性、効率、信頼に影響を与える可能性がある。個人的な人間関係であれ、仕事上のタスクであれ、信頼性と適時性の欠如は有害であり、苛立たしいものです。さらに、特に観光業界の企業にとっては、顧客満足度の低下につながることもある。

マナナの癖を避けるには

Manana Habitを回避する方法を理解することで、旅行中の手間を省くことができる。まず考慮すべきはコミュニケーションだ。何かを頼むときは、期間と期限を明確にすることが不可欠だ。また、希望する期間内に依頼が完了したかどうかを確認するためにフォローアップするのがベストだ。事前に予約し、タイムリーで信頼できると評判のホテルやツアー会社をよく調べておくことも有効です。

この習慣に対処するためにフィリピン人ができること

マナナの解決策はフィリピン人自身の努力にある。この特徴を受け入れるのは簡単だが、経済や個人の成長に与える影響を認識することが不可欠だ。個人的には、フィリピン人は時間管理の優先順位をつけ、自己規律を築き、危機感を持つことができる。しかし、マナナに対処するためのより効果的なアプローチは、システムレベルで実施することである。政府はより厳格な政策を実施し、企業はトレーニングを提供し、学校は若者に時間管理の重要性を教育することができる。

Mañana Habit (Toxic Filipino Culture)

バハラ・ナ・アティチュード

フィリピン文化は伝統、温かいもてなし、共同体意識に富んでいる。しかし、フィリピン人には何世紀にもわたって存在するネガティブな特徴がある。この性質は「バハラ・ナ」、つまり「何があろうと構わない」という考え方として知られており、しばしば信頼性のない無責任な行動につながり、重大な問題を引き起こす。このブログ記事では、このネガティブな特徴、その起源、フィリピン文化と人々への影響について見ていきます。

Bahala Naとは

Bahala Naというフレーズは、"come what may "や "let it be "と訳されます。物事は自分の力ではどうにもならないという諦めと受容の表現である。一見、ポジティブな特徴のように思えるが、地元の人々だけでなく、観光客にも問題を引き起こす可能性のあるダークサイドがある。このような態度は、フィリピンの植民地時代の過去にさかのぼることができる。そこでは、人々は困難な状況に耐えなければならず、自分たちの生活をほとんどコントロールすることができなかった。時が経つにつれ、この特徴は無為無策、自己満足、さらには怠慢を正当化するために使われるようになった。

どのくらい一般的か

バハラ・ナはフィリピン人の日常生活に様々な形で現れる。例えば、誰かが重要な仕事を先延ばしにするとき、言い訳として「バハラ・ナ」と言うかもしれない。あるいは、誰かが適切な計画や考慮なしに不必要なリスクを冒すとき、「Bahala Na si Batman(バットマンに任せよう)」というフレーズを使うかもしれない。これらの例は無害に見えるかもしれないが、Bahala Naの態度はより深刻な結果につながる可能性がある。

運への依存

フィリピン人の運と信仰への信頼は、「バハラ・ナ」態度のもうひとつの否定的な特徴である。多くの人は、目の前の問題に対処するために行動を起こしたり努力をしたりする代わりに、困難な状況から救ってくれる運命や神の介入に頼る。このような考え方は、達成感の低下や失望を招く。

ARE FILIPINOS TOO LAID BACK? / The Philosophy of Bahala Na

いつかは億万長者に

フィリピンは、多様な風景、豊かな文化、親切な人々を持つ美しい国である。経済的に苦しくても家族を養えるフィリピン人の話は珍しくない。しかし、一部のフィリピン人には「ある日突然億万長者」症候群と呼ばれるネガティブな特徴がある。このブログでは、この好ましくない特徴とその可能性のある原因について掘り下げていきます。

それは何か

ワンデー・ミリオネア」とは、大金を手にすると突然浪費に走り、あたかも自分が裕福で何でも手に入るかのように振る舞うフィリピン人を指す言葉である。この特徴は、非常に共同的で家族を重視するフィリピン文化と関連している。新しく得た富を愛する人と分かち合いたいという願望から、お金がなくなるとすぐに借金をするほど使いすぎてしまうことがある。

考えられる原因

ある日突然億万長者」症候群の原因として考えられるのは、ファイナンシャル・リテラシーとプランニングの欠如である。多くのフィリピン人は、貯蓄や投資、その他の金融リテラシーについて教えてくれるような正式な教育や情報源にアクセスできない。このような知識の欠如は、使い過ぎや無責任な金融行動につながる可能性がある。もう一つの原因として考えられるのは、裕福に見せかけなければならないという社会的圧力である。フィリピン人は上下関係やステータスシンボルを重んじる文化を持っている。このプレッシャーが、仲間内で自分のステータスを確立する方法として、浪費や軽薄な買い物につながる可能性がある。

なぜ起こるのか

ある日突然億万長者になる」症候群は、フィリピンに蔓延する貧困にも起因している。突然裕福になったフィリピン人は、愛する人を助け、豪華な贈り物やプロジェクトに費やすことで地域社会に貢献する必要性を感じることが多い。しかし、そのお金はあっという間に底をつき、借金を背負うか、経済的苦境に逆戻りすることになる。

Financial Literacy - Full Video

バリックバヤン・ボックスの考え方

フィリピンはそのユニークな文化、親切な人々、そしてもちろんバリックバヤン・ボックスでよく知られている。バリックバヤン・ボックスとは、海外で働くフィリピン人が愛する人に送る、お土産が詰まった小包のことだ。しかし、一見寛大に見えるこの行いは、フィリピン人のメンタリティーの深い問題を反映したネガティブな行動に汚染されている。このブログ記事では、バリックバヤン・ボックスのダークサイドと、それがフィリピン人のメンタリティのネガティブな特徴になっていることについて掘り下げていく。

搾取的な性質

バリックバヤン・ボックスのコンセプトは、海外にいるフィリピン人労働者が家族とつながりを保ち、愛情や気遣いを示す方法として始まった。しかし、バリックバヤン・ボックスはそれ以上のものへと発展した。一部のフィリピン人消費者は、バリックバヤン・ボックスに関して搾取的な考え方をするようになった。彼らは、海外にいる愛する人が、帰国後に高価な品物でいっぱいの巨大な箱を送ってくれることを期待している。これは非現実的な期待を抱かせるだけでなく、海外のフィリピン人労働者の財政を圧迫する。

消費主義

バリックバヤン・ボックスのもう一つの弊害は、それが助長する消費行動である。フィリピン人消費者の中には、箱詰めを送ってくれた心遣いや努力に感謝する代わりに、フィリピンでは手に入らない特定の品物を要求する人もいる。このような物質主義の感覚は、衝動的な買い物や浪費の終わりのないサイクルにつながる可能性がある。

対人プレッシャー

バリックバヤン・ボックスを送らなければならないというプレッシャーは、海外にいるフィリピン人労働者だけでなく、母国にいる愛する人々も感じている。たとえ経済的安定を犠牲にしてでも、フィリピン人が果たさなければならないと感じる社会的義務となっている。この絶え間ないプレッシャーは、精神的・感情的ストレスにつながり、人間関係に悪影響を及ぼしかねない。

佳作

ウタン・ナ・ローブ

ウタン・ナ・ローブ(Utang na loob)はフィリピン独特の概念で、恩を仇で返す行為を指す。これはフィリピン文化の基本的な部分であり、困難な時に助けてくれた人への忠誠と尊敬を促すものである。残念ながら、この文化的規範は一部の人々に利用され、不健全な権利意識と搾取につながることがある。Utang na loobは依存の文化につながり、人々は見返りを求めず、何も提供せず、与えられることを期待する。この有害な行動は、与える側に影響を与えるだけでなく、受け取る側の自立や自給自足の妨げにもなる。

Do Filipinos owe their families everything? | Breaking The Tabo | One Down

結論

全体として、私たちの文化に存在する否定的な特徴を認識し、対処することが重要である。オープンな対話と自己反省を通じて、フィリピン人がこれらの望ましくない性質を克服するための解決策を考え出すことができる。私たちは、有害な態度や振る舞いのない、受容と理解の環境づくりに努めなければなりません。共に努力することで、フィリピン人のポジティブな特質が、活気ある文化の輝かしい模範であり続けることができるのです。さらに、それは将来、私たちがより進歩的で成功した社会へと向かう助けとなるでしょう。今こそ、このようなフィリピン人のネガティブな特徴に取り組み、未来の世代に残さないようにする絶好の機会なのです。そうして初めて、私たちは誇り高く前向きなフィリピン人の特質を真に生かし、私たちの文化を最大限にアピールすることができるのだ。

Go back to フィリピン

周辺地域

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

お気に入り

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

投稿する(無料&登録不要)

無料会員登録不要で投稿できます。

国を選択

マイページ

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。