Skip to main content
<< フィリピン掲示板

フィリピン旅行でぜひ食べてみたい、お勧めのトロピカルフルーツ10選

Table of contents

マンゴスチン

マンゴスチンは、エキゾチックでおいしいトロピカルフルーツとして、何世紀にもわたって親しまれてきました。東南アジアが原産で、熱帯雨林や河川の近くに生育しています。マンゴスチンは、スターフルーツやカシューアップルなどのフルーツと同じ科に属します。

マンゴスチンの味は独特で、甘酸っぱいと表現されることが多いようです。果実の大きさ、形、色は、栽培された場所によって異なります。

マンゴスチンは、キサントンという強力な抗酸化物質が含まれているため、昔から健康に良いことで知られています。キサントンは炎症を抑え、健康全般を改善することが研究で明らかにされています。さらに、マンゴスチンはビタミンC、カリウム、マグネシウム、鉄などの必須ビタミンやミネラルをたくさん含んでいます。

近年、マンゴスチンの人気は世界中で高まり、そのユニークな味わいと健康への恩恵がより多くの人々に知られるようになりました。現在、マンゴスチンは多くの店舗やマーケットで販売されています。生や冷凍、ジュースやパウダーなど、さまざまな形で購入することができます。

ランブータン

ランブータンは、フィリピンを含む東南アジア原産の熱帯果実です。甘くて少し酸っぱいので、多くの国でおやつとして親しまれています。ランブータンの外側は柔らかいトゲや毛に覆われており、これが名前の由来となっています。赤橙色の外皮の中には白い果肉があり、その中心には大きな種があります。

果肉は生食でも調理してもよく、スムージー、ジャム、ジュース、アイスクリームなどのレシピに利用できます。ランブータンは、ビタミンC、鉄、カリウム、マグネシウムなどのビタミンとミネラルの優れた供給源です。また、消化を促進する食物繊維も含まれています。スナックとして食べるだけでなく、ランブータンは喉の痛みや風邪の治療など、薬用としても利用されています。

フィリピンでは、デザートやおやつとして広く食べられています。ランブータンの人気は、その独特の風味と栄養価の高さから、世界中で高まり続けているのです。現在では、多くの国の食料品店や市場でランブータンを見つけることができます。生で食べても、調理しても、この栄養価の高いフルーツはあなたの舌を満足させてくれるでしょう。

ココナッツ

ココナッツは、生でも乾燥させても、また調理しても美味しく食べられます。甘みと香ばしさ、そしてほのかなナッツの風味を併せ持つユニークな味わいです。生のココナッツはデザートやスムージーに、加熱したココナッツはソースやカレーにコクを加えます。また、ココナッツウォーターをそのまま飲んだり、ジュースやカクテルの材料として使うのも一般的です。

どのように使っても、ココナッツはその独特の風味で、どんな料理もおいしくしてくれます。フィリピンの文化はココナッツと密接に関係しており、食用から薬用、そして一部のフィリピン人の間ではヘアケア製品としても利用されています。フィリピンの経済、環境、文化において、この万能な果実の重要性が認識されているのです。

ジャックフルーツ

ジャックフルーツはフィリピンをはじめとする東南アジアが原産ですが、現在では世界中の様々な場所で見ることができます。トゲのある皮の大きな果実で、甘くトロピカルな風味があり、肉の代わりにビーガンやベジタリアン向けの料理で人気があります。

ジャックフルーツの果肉は白または黄色がかっており、加熱するとプルドポークに似た筋のある食感になります。ジャックフルーツは生でも食べることができ、ジャム、ゼリー、ジュース、デザートの材料としてよく使われます。また、種も食べることができ、ゆでたり焼いたりしておやつにします。

ジャックフルーツは美味しいだけでなく、ビタミンC、カリウム、食物繊維、ポリフェノールなどの抗酸化物質などの栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素は、健康的な食生活に欠かせないものとなっています。また、ジャックフルーツは、家畜の飼育と比較して、より少ない資源で、環境への影響も少ないため、持続可能な肉の代替品として利用されることが多くなっています。これらの理由から、ジャックフルーツはフィリピンをはじめ、世界中で最も人気のある果物の1つとなっています。

フィリピンは熱帯気候でよく育つので、ジャックフルーツを食べるには最適な場所です。ジャックフルーツには様々な種類があり、大きさや形も様々です。最も一般的なのは "Nipa "と呼ばれる種類で、甘い味と肉厚な食感が特徴です。その他、ニパより小さいが甘い「ラニティ」、大きくて酸味がある「ラマヨ」、酸味がある「バリンビン」などがある。フィリピンを訪れた際には、ぜひ現地のジャックフルーツを味わってみてください。

ドリアン

フィリピンのドリアンは、大きくてトゲのある熱帯果実で、独特のにおいで知られています。その刺激的な臭いは、嗜好品から嫌悪感まで様々ですが、東南アジアでは広く親しまれています。ドリアンはフィリピンで多く栽培されており、フィリピン全土の市場や道端のスタンドで見かけることができます。ビタミンC、マグネシウム、リン、鉄などの栄養素が豊富に含まれており、おやつとして人気があります。

フィリピンでは数種類のドリアンが販売されていますが、最も人気があるのは「ムサンキング」と呼ばれるもので、甘くてクリーミーな果肉に少し苦みがあるのが特徴です。ドリアンは強烈な臭いがしますが、フィリピンでは今でも人気のあるフルーツです。ドリアンはフィリピンで人気のあるフルーツで、お祝い事やホリデーの時、あるいは単においしいご馳走として楽しむ人が多いようです。

近年、ドリアンは "スーパーフード "としての地位を確立し、さらに人気が高まっています。消化を助け、エネルギーレベルを高めるなど、このパワフルなトロピカルフルーツの効能は、健康専門家からも高く評価されています。ドリアンがフィリピン料理に欠かせない存在であり続けているのも不思議ではありません。ドリアンはフィリピンを代表する果物の一つであり、その独特な香りを楽しむことができます。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは、ピタヤやストロベリーペアとも呼ばれる、メキシコや中央アメリカ原産の熱帯のサボテン科の果物です。その甘い味わいと栄養価の高さから、近年ますます人気が高まっています。ドラゴンフルーツは、フィリピンをはじめ世界各地で栽培されています。

フィリピンでは、年間約47,000トンのドラゴンフルーツが生産されています。赤肉、黄肉、白肉など様々な種類があり、熟し具合によって甘さが異なります。フィリピンのドラゴンフルーツは他の品種に比べ小ぶりで、皮が薄く、種が少ないのが特徴です。生食はもちろん、スムージーやデザート、サラダなどにも使われます。

ドラゴンフルーツは美味しく、栄養価も高いので、様々な方法で楽しむことができます。生で食べても、スムージーの材料にしても、甘いデザートに調理しても、フィリピン産のドラゴンフルーツはどんな料理にも合うこと間違いなしです。 フィリピンは世界でも有数のドラゴンフルーツの生産国です。

マラン

マランはフィリピン原産の熱帯果実です。黄緑色の厚い皮と白っぽい果肉が特徴です。マランの味は、甘くてピリッとした酸味があります。デザートやスナックに入れたり、サラダなどの材料として使われることが多いです。また、ジュースにしたり、アイスクリームを作ったりする人もいます。マランは美味しいだけでなく、ビタミンC、カリウム、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。マランは美味しいだけでなく、ビタミンCやカリウム、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれており、食生活にフルーツを取り入れたい方にとって、とてもヘルシーなフルーツです。

グヤバノ

グヤバノは、サワーソップまたはグラビオラとも呼ばれる、フィリピン原産の熱帯果実です。長方形の形をしており、皮は緑色で熟すと黄色になります。白い果肉は甘酸っぱく、食用の種子を多く含んでいます。木の葉は抗炎症作用があるため伝統的な薬に使われ、その抽出液は抗がん作用があるとされています。

グアバノは生食のほか、調理してスープやデザートに加えることもできます。フィリピンでは、「ガイアバノ・ネクター」と呼ばれるシロップやジュースにすることが多く、冷やして食べると爽やかな味わいになります。グヤバノは暑い地域で最もよく育ち、最適な成長のために定期的な水やりや肥料が必要です。ビタミンCやB6、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなど、ビタミンやミネラルの貴重な供給源でもあります。ガイアバナを食べることは、免疫力を高め、健康を維持することにつながります。さあ、今日からあなたも試してみませんか?

ランゾネス

ランゾネスはフィリピン原産の熱帯果実です。独特の甘酸っぱさが人気で、フィリピンで最も人気のある果物の一つとして知られています。その人気は高く、この果物にちなんだお祭りがあるほどです。

毎年10月、カミギン州ではランゾネス・フェスティバルが開催され、パレードやストリートダンス、音楽パフォーマンスなど、フィリピンならではの文化や特産物を紹介するイベントが行われます。このお祭りでは、美人コンテストやランゾネスの食べ比べ、乾燥したランゾネスを買うことができるトレードフェアなど、伝統的なお祭りも開催されます。

フィリピン料理の定番となったのも納得の美味しさです。10月にフィリピンを訪れた際には、ぜひランゾネス・フェスティバルを訪れて、このユニークなフルーツを味わってみてください。

カラマンシー

フィリピンライムやカラマンシーとも呼ばれるカラマンシーは、フィリピン原産の柑橘類の一種です。酸味と香りが特徴で、フィリピン料理や伝統的な薬として広く使われています。ジュースやソーダなどの飲み物に絞ったり、アドボなどの香味料理に加えたり、生で砂糖をかけて食べたりと、料理での用途は幅広いです。また、伝統医学では、便秘、発熱、喉の痛み、炎症を抑えるために使用されています。

フィリピン文化におけるその人気から、カラマンシーはフィリピン料理の重要な一部となっています。そのため、カラマンシーはフィリピンの国民的果物のひとつとみなされています。今日、カラマンシーはフィリピンの料理や文化の中で重要な位置を占めており、多くの料理や飲み物にこの柑橘系の風味が使われています。フィリピンライムは様々な用途に使われ、今日もフィリピン料理の印象に残り続けています。

まとめ

フィリピンには多種多少なトロピカルフルーツがあります。日本国内では食べる事の出来ない果物も多数ありますので、ぜひフィリピンにお越しの際には試してみることをお勧めします。

Go back to フィリピン

周辺地域

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

お気に入り

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

投稿する(無料&登録不要)

無料会員登録不要で投稿できます。

国を選択

マイページ

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。