Skip to main content
<< フィリピン掲示板

フィリピンの迷信を探れ:あなたの知らないフィリピンの迷信

20 Interesting Filipino SUPERSTITIONS
Table of contents

指差すものに気をつけよう

フィリピンでは、物を指差すことは不吉とされています。人、動物、建物、無生物を指差すことも含まれます。その理由にはいくつかの説がありますが、最も一般的なのは、物を指さすと悪霊を呼び寄せるというものです。また、指差しをすることは失礼にあたりますので、絶対にしないようにしましょう。

あごや唇で指差す

この迷信は、以前ほど一般的ではありませんが、今でも行われています。フィリピン人の多くはこの迷信を信じ、人や建物を指差さないように注意しています。もし何かを指差す必要がある場合は、指の代わりに顎や体の他の部分を使うことが多いようです。その由来については、忙しいフィリピン人にとってあごで指差す方が簡単で便利だという説や、エレメンタルを刺激しないためにあごで指差す方が安全だという説など、いくつかの説が伝わっています。

Why Do Filipinos Point With Their Mouth? | But Y Tho?

夜間の口笛は避ける

口笛は、地域によっては幽霊やその他の超自然的な存在を引き寄せる可能性があります。また、夜中に口笛を吹くと金運が悪くなるという説もあります。

この迷信の起源

フィリピンの文化では、夜に口笛を吹くと悪霊や不運を呼び込むと信じられています。また、口笛を吹くと、安らかに眠ろうとしている死者の魂の邪魔になると考えられています。この考え方は特に万霊節(11月1日)と諸聖人の日(11月2日)に強くなります。これらの日は亡くなった人を思い出し、敬意を表する日とされています。これらの祝日に口笛を吹くことは、特に無礼であり、潜在的に危険であると考えられています。

迷信の意味するところ

フィリピンでは、夜中に口笛を吹くことは、精神的な影響だけではありません。農村部では、口笛は近くで寝ている人の迷惑になるため、無礼な行為とみなされることがあります。そのため日没後の口笛は避けることが、こうした地域を訪れる際の礼儀作法とされています。また、口笛を含む大きな音は、野生動物や密猟者を引き寄せる可能性があり、注意しなければ旅行者を危険にさらす可能性があります。つまり、慣れない土地では、日没後の口笛のような大きな音は避け、慎重に行動することが大切です。

Whistling At Night Attracts Ghosts | They Say

妊婦の髪は切るな

妊娠中の女性の髪を切ると、赤ちゃんの健康に問題があると信じられています。

迷信の由来

この迷信は、フィリピンの伝統的な民間信仰から生まれたもので、妊婦が髪を切ると赤ちゃんに不吉なことが起こると恐れて、切ってはいけないとされています。この信仰によると、妊娠中の女性が髪を切ると、出産時の合併症や死に至る呪いを受けるとされています。また、妊婦の髪を切ると、ハゲや先天性欠損症などの異常な赤ちゃんが生まれる可能性もあると信じられていました。

迷信の現代的解釈

現在、フィリピン人の多くは、この迷信を厳格に信じてはいません。しかし、伝統を重んじ、生まれてくる子供の健康や幸福のためには、安全であるに越したことはないという考えから、妊娠中に髪を切らないという選択をする人も少なくありません。また、フィリピン人の中には、この迷信は、胎児への畏敬の念と、どんな困難にも打ち勝つことができるという信念の表れであり、献身的な行為でもあります。

懐疑的な意見もあるが、継続的に実践している

この迷信に懐疑的な見方があるにもかかわらず、多くのフィリピン人は、胎児への畏敬の念と何世紀にもわたる伝統への尊敬の念から、今日もこの迷信を実践しています。科学的思考を持つ人たちでさえ、フィリピン社会における文化的重要性から、この習慣を守る傾向があるのです。

Filipino Superstitions For Pregnant Women (Pamahiin ng Buntis!)

夜間の掃除はやめましょう

夜中に掃除をすると、悪霊を招き入れる可能性があるため、日没後の掃除は避けたほうがよいでしょう。

フィリピン人の夜間掃除の意味するもの

一般的に、夜間掃除は「幸運や財産を持ち去る」という意味合いがあります。伝統によれば、夜中に掃除をすると、財産や健康、あるいは愛する人を取り除いてしまう可能性があるとされています。これらの行為は不吉なことなので、避けることで災いや不幸から身を守ることができると信じられています。

信仰が結びついている場所

この迷信は、スピリチュアル・ハウスキーピングの概念と関連している場合もあります。つまり、日没後は悪霊が自由に歩き回り、床掃除やモップがけなどの行為によって悪霊を呼び、家に入り込んでしまうという考え方です。そのため、夜間はこれらの行為を避けることで、あなたが眠っている間に家に入り込もうとするネガティブなエネルギーや存在を追い払うことができます。

その他の用途

この考え方は、掃き掃除に限らず、モップがけ、食器洗い、洗濯など、家庭で行う掃除の作業にも当てはまると考えています。また、日の出まで掃除はしない方が良いという説もあり、その場合は光によって邪気や霊が家の中に残っているのを追い払うことができるとされています。

If You Sweep At Night, Good Luck Will Be Swept Away | They Say

葬儀や通夜に参列するときは、直接家に帰らないこと

死者の霊を家に連れて帰ることになり、不運を招く恐れがあると考えられています。近くのショッピングモールや公園などに立ち寄ってから帰宅するのがよいでしょう。この行為を地元の人は「パグパグ」と呼んでいます。

パグパグ(Pagpag)の由来

葬儀や通夜に参列した後、直接家に帰らないという考え方は、数百年前にフィリピン人が「葬儀から帰ってすぐに家に帰ると、死がついてくる」と信じていたことに由来しています。直帰を避けることで、故人の霊が自分についてくる可能性が低くなり、代わりに家族の誰かが連れて行かれると考えられているのです。そのため、葬儀や通夜から帰宅する前に、まず別の場所に行くことが推奨されました。

この信仰のバリエーション

現在では、世界中のフィリピン人がこの迷信を実践しており、様々なバリエーションがあります。ある人は、「家に災いを持ち込まないために、日が暮れるまで家に帰るべきだ」と信じています。また、悪霊を追い払うために、朝まで待って祈りながら帰宅するという考え方もあります。また、幽霊や悪霊に遭遇しないよう、別の道を選んで帰るという考え方もあります。どのようなバリエーションであっても、フィリピン人に共通しているのは、先祖を敬うことがいかに大切かを理解し、伝統的な迷信に従うことで先祖にきちんと敬意を払うことです。

Filipino Superstitious Beliefs During Wakes & Funerals

聖週間には傷をつけないようにする

聖週間の間に傷や怪我をすると、治るまでに長い時間がかかると信じられています。そのため、この期間は特に注意したほうがよいでしょう。

迷信の起源

この迷信の起源は、フィリピンにキリスト教が伝来した頃にさかのぼります。聖週間の傷は特に痛いと信じられており、完治しないとまで言われることもあったそうです。この信仰は、イエスが磔にされて死んだときの苦しみにまつわる話から生まれたと思われます。その苦しみのほんの一部でも味わうことができれば、キリスト教の信仰上重要な時期に怪我をすることは避けられると考えたのです。

フィリピン人が今もこの迷信を守り続ける理由

医学の進歩が著しい今日でも、フィリピン人の多くは、自分たちの文化的伝統と信念を尊重するために、この迷信を守っています。聖週間に怪我をすると、その年の残りの期間、自分や家族に不運や不幸が訪れると信じている人もいます。また、フィリピンの文化で何世代にもわたって受け継がれてきた習慣や伝統から、この習慣を守っている人もいます。

Ang Pinaka: Wounds take longer time to heal on Good Friday

夜中に爪を切らない

夜中に爪を切るのは不吉であり、邪視されやすくなると信じられています。

迷信の背景となる理由

この迷信の最も一般的な説明は、夜に爪を切ると、人生に不運や不幸が訪れるというものです。また、日没後に爪を切ると、夜中に幽霊や悪霊が訪れると信じられています。また夜に爪を切ると、家の中に死が訪れるという説もあります。

科学的な説明

興味深いことに、この迷信の背景には、いくつかの科学的な説明もあります。ひとつは、爪切りには雑菌が含まれている可能性があり、密閉された空間に一晩置いておくと、すぐに広がってしまうからです。さらに、夜遅くに爪を切ると、その大きな音で睡眠不足になり、休息不足のために事故や病気になりやすくなる可能性があります。最後に、就寝間際に爪を切ると、寝る前に適切な処置をしないと、垂れ爪の痛みや、感染症につながる可能性があります。

フィリピンの文化に与える影響

このように様々な説がありますが、夜に爪を切らないという迷信は、長い時間をかけてフィリピンの文化や伝統に深く根付いてきました。そのため、先祖代々の信仰や伝統を尊重する、より大きな文化的アイデンティティを表すものとなっています。これらの習慣を尊重することは、コミュニティにおける歴史的重要性と価値を認識することにつながります。また、迷信に従うことは、国内外に住むフィリピン人の連帯感を高め、地理的に離れていても、共通の遺産や価値観でつながっていることを気づかせてくれます。

Cutting Nails At Night Shortens Your Life | They Say

子供を踏み倒さないようにする

子供を踏み倒すことは、子供の成長を妨げると言われています。また、踏み倒した場合は、それを打ち消すようにもう一度踏み直すことが大切だという考えもあります。

迷信に隠された意味

フィリピンでは、子供を大切にする文化が根付いており、子供をできるだけ尊重するという考え方が根底にあります。子供を踏みつぶさないことで、負のエネルギーや人生で直面する可能性のある危害から子供を守ることができると信じられているのです。また、子供を踏み倒すと、その人自身に不運が降りかかる、あるいは踏み倒した子供の成長を妨げるという考え方もあります。

どのように対処すればよいのでしょうか?

フィリピンの文化を尊重する意味で、フィリピンを訪れる際には、この信仰を守ることが重要です。もし、子供を踏みつぶすような状況になったら、別の道を通ったり、他の人に助けを求めたりして、極力踏みつぶさないようにしましょう。また、フィリピンを訪れる旅行者は、旅行先に到着する前に、ホストやガイドにこの文化的信念を伝えておくと、子供と一緒に旅行する際に、より注意深く行動できるかもしれません。

Ang Pinaka Outrageous Health Myths: Stepping over a sleeping child will impede his growth

道に迷ったら、服を裏返しにする。

道に迷ったら、妖精や超自然的な存在に遊ばれている可能性があります。

どんな意味があるのでしょうか?

この迷信は、人に幸運をもたらし、安全な場所に戻る手助けをするという信念に根ざしています。服を裏返しにすると、その人を迷わせた悪霊が混乱すると信じられています。服が裏返しになると、悪霊はその人を認識できなくなり、目的地からさらに遠ざけることができなくなると信じられています。

期待される効果

この迷信は、迷子になったときに服を裏返しにすれば家に帰れるという簡単な解決策を提供するものであり、多くの人に魅力的なものです!また、服を裏返しにすることで通行人の目に留まり、助けを求める合図になるという説もあるのです。

Baliktarin Ang Damit Pag Nawawala - Trot or Charot

タビタビポー(Tabi-Tabi Po)

見知らぬ人里離れた場所を通るときは、「タビタビポー」と声をかけるのが一般的で、害を及ぼす存在でないことを知らせます。

旅立ちの詩とは?

タビタビポー」とは、直訳すると「どいてください、お願いします」という意味で、見えないものがいる可能性のある空間に入る前に、許可を得るための丁寧な言葉です。この迷信は何世紀も前に遡り、旅人が見知らぬ場所や人里離れた場所を通るとき、精霊の邪魔にならないようにこの言葉を使ったと言われています。この信仰は、日本など他のアジア文化圏でも共有されており、現在でも同様のフレーズが使われています。

なぜ「タビタビ・ポー」が信じられているのか?

この迷信は何世紀にもわたって、フィリピン文化で何世代にもわたって受け継がれてきました。タビタビ・ポーの背景には、動物や植物など、すべての生き物に霊が宿っているという考え方があります。また、フィリピンの民間伝承では、その霊が住む場所が決まっているとされており、その場所に入る時や通る時には、霊を敬う意味でタビタビポーと言うのだそうです。

なぜ大切なのか

現代では、迷信や霊を信じない人がほとんどです。しかし、フィリピンの文化では、未知のものへの敬意を示す方法として、タビタビポーが広く使われています。また、知らない場所に入ったり、他人の敷地に侵入したりする前に、よく考えて行動するようにという注意喚起にもなっています。自然や祖先、霊的な存在への敬意はフィリピン文化に深く根ざしており、この迷信が現代にもかかわらず何世代にもわたって受け継がれているのは、そのためと考えられます。

Puwera Usog, Tao Po, and Tabi Po: The Spooky History of Three Filipino Phrases | Esquire Philippines

その他の迷信

その他、フィリピンの文化に根付いた迷信をいくつかご紹介します。

新年にジャンプする

大晦日にジャンプすると背が伸びると言われています。だから、もっと背を伸ばしたいなら、新年を祝う真夜中の12時に思い切りジャンプするのがオススメです。

棺桶の上にひよこを乗せる

殺人事件の被害者の葬儀では、棺の上にヒヨコが置かれ、「加害者の良心をつつく」と言われています。

手のひらのかゆみは金運を意味する

手のひらがかゆいときは、もうすぐお金がもらえる、あるいは祝福が訪れると信じられている。

誤って舌を噛んでしまう

うっかり舌を噛んでしまったときは、誰かがあなたのことを話していると信じられています。それは、友人や家族、あるいは恋人のことかもしれません。

誰かが帰ると皿を回転させる

家族で食事をしていて、どちらかがすぐに帰らなければならなくなったら、お皿を360度回転させなければなりません。事故や不運が起きないようにするためと言われています。

濡れた髪のまま寝ない

髪が濡れたまま寝ると、病気、特に精神的な病気になると言われているので、髪が濡れたまま寝るのは避けたほうがいいでしょう。地域によっては、失明することもあるそうです。

3人の写真を撮らないようにする

3人だけで写真を撮ると、真ん中の人が先に死んでしまうと言われています。

家の中で傘をさすな

家の中で傘を開くのは縁起が悪いとされているので、外や別の場所で開くようにしましょう。

大晦日にはたくさんの小銭を用意しよう

お正月にたくさんの硬貨を持っていると、その年に富をもたらすと信じられています。さらに運を引き寄せるのは、カラン、カランという硬貨の音だそうです。

20 Interesting Filipino SUPERSTITIONS
Filipino Superstitions and Beliefs Tutorial

まとめ

これらの迷信は古くからあり、現在でもフィリピンの文化の中で観察されています。信じるか信じないかは人それぞれですが、多くの人に信じられていることを知るのは面白いですね!

Go back to フィリピン

周辺地域

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

お気に入り

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

投稿する(無料&登録不要)

無料会員登録不要で投稿できます。

国を選択

マイページ

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。