Skip to main content
<< フィリピン掲示板

フィリピンでペットを飼うために気を付けること

Table of contents

熱帯の気候には要注意

フィリピンは熱帯の国です。気候は高温多湿で、ペットの世話をするのに苦労することがあります。ペットはいつも以上に汗をかき、水分補給が必要になりますので、新鮮な水をいつでもたくさん飲めるようにしておくことが大切です。また、日中の最も暑い時間帯にペットを散歩させると、熱中症になる危険性があります。どうしても日中に散歩させたい場合は、水と日陰で休めるような場所を用意しましょう。

寄生虫対策

フィリピンでペットの世話をする際に最も重要なことのひとつは、寄生虫に注意することです。フィリピンではノミやダニがよく見られるので、ペットにこれらの害虫がいないか定期的にチェックすることが重要です。もしペットにノミやダニを見つけたら、すぐに取り除き、獣医さんに連れて行って治療してもらうようにしましょう。

危険な肉食動物

フィリピンでペットの世話をする際にもう一つ気をつけなければならないのは、ペットに危険をもたらす肉食動物がたくさんいることです。犬や猫、そして猛禽類が小動物の脅威となることもあるので、ペットが外にいるときは目を離さないようにすることが大切です。犬を飼っている人は、安全な場所にいないときは必ずリードをつけ、迷子になったときにいつでも見つけられるようにGPS追跡装置付きの首輪を購入することも検討してみてください。

海で遊ばせる際には目を離さない

フィリピンには美しいビーチがたくさんありますが、海はペットにとって危険な場所でもあります。予測できない潮流や引き潮が多いので、ペットが泳いでいるときは目を離さないようにすることが大切です。海で泳がせるのに抵抗がある場合は、淡水の湖や川で泳がせるのが安全です。

エサにも注意

ペットに餌を与える場合、動物にとって毒になる食べ物もあるので、餌に気をつける必要があります。フィリピンには、人間が食べても安全な果物や野菜がたくさんありますが、動物にとっては毒になる場合があります。ペットに毒のある食べ物としては、ブドウ、レーズン、アボカド、チョコレートなどが挙げられます。ペットに安全な食べ物がわからない場合は、獣医に相談するのが一番です。

まとめ

フィリピンでペットの世話をすることは、全体として楽しくてやりがいのある経験になりますが、それに伴う困難も認識しておくことが重要です。これらのヒントを参考に、フィリピンでペットが健康で安全に暮らせるようにしましょう。

Go back to フィリピン

周辺地域

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

お気に入り

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。

投稿する(無料&登録不要)

無料会員登録不要で投稿できます。

国を選択

マイページ

この機能はログインユーザーのみ利用可能です。